提供される主なサービス

年齢を重ねると自然に身体機能が低下していきますが、病気や怪我をきっかけに要介護となる高齢者もいます。そうした高齢者でも、身体的機能を鍛えられる機能訓練ルームが老人ホームに備わっており、プロの医療従事者のもとで鍛えることが可能です。また、食事面においては一人ひとりの体質にあわせた食事が提供されるでしょう。老人ホームでは、高齢者を思いやるサービスがそこらかしこに溢れているのです。

住宅型有料老人ホームのメリット

婦人

要介護度が軽度でも入居することができる

住宅型有料老人ホームは自立した生活を送ることができる方が入居する民間型の有料老人ホームになります。しかし、介護が必要である方でも軽度のであれば、要介護認定を受けた場合のみ入居することができるのです。だから、もし住宅型有料老人ホームに入居したいという方はぜひ一度相談してきましょう。

充実したイベント

老人ホームでは、入居している高齢者同士のコミュニケーションを増やす為にさまざまな取り組みが行なわれています。その中でもシーズンを意識したイベントは多く、春には花見、夏には七夕祭りなど楽しい時間を過ごすことをモットーとしています。

外部の介護サービスが自由に選択することができる

住宅型有料老人ホームは、外部の介護サービスを利用するため、自分が利用したい介護サービスを選択することができるのです。介護サービス選択の自由度が高い点も住宅型有料老人ホームのメリットといえるでしょう。また、福祉用具もいろいろとレンタルすることができるので、購入する必要がありません。介護度が変わるたびにいろいろな用具を借りることができます。

知るべき予算

一口に老人ホームと言っても、その種類はさまざまにあります。それぞれ予算が異なるので利用先に応じて予算を組みましょう。今回紹介しているような、住宅型有料老人ホームだと月々平均で10~13万円は掛かります。年金からの捻出で不足するなら、介護保険商品を有効的に活用することをおすすめします。

24時間体制でサポート

住宅型有料老人ホームでは、施設内に24時間体制で介護スタッフが常駐しています。そのため、万が一の際でもすぐ対応してくれます。自宅よりも安心して生活を送ることができるでしょう。

広告募集中